厳選☆中古の着物購入サイト

トップ > 着物の中古情報 > 不要になった着物を処分する方法

不要になった着物を処分する方法

 不要な中古の着物を処分したいと決めたとしても、実際に何をしたら良いか分からない方も多いと考えられます。
あらためていうまでもなく、価格の高い着物をゴミという形で回収して貰うのは勿体ないですし、抵抗感もあることでしょう。
いらないとはいえ愛着を持っている着物なら、しっかりと合点が行く形で処分することが重要です。
知人や親戚で着物に関心のある人がいれば、声をかけましょう。
仮に柄やデザインなど、好感を持ってもらえる着物がある場合、譲ることを通して喜ばれるでしょう。
しかし留意しておきたいのは、簡単に声をかけると、相手サイドが困る場合もあります。
その理由は、着物はサイズやデザインがあります。
ですので、その点に配慮して、声をかける相手を選択するようにすると賢明でしょう。

 処分に困ってしまった着物をリメイクするというメソッドも存在します。
リメイクならば傷んでいる着物もカットして使用できます。
価値のある着物にはさみを入れることに抵抗感を感じるかもしれませんが、新たな形に変わらせて、一層身近にあるものとして活用することができることは素敵なことでしょう。
例として、親や祖母が使っていた振り袖をウェディングドレスへとリメイクし、結婚式で活用する方法があります。
和と洋のコンビネーションはインパクトがあり独創的ですし、柄やデザインによりまして自在にリメイク可能です。
また、不要な着物を日傘へとリメイクする方法もあります。
加えて、要らなくなった帯は、バッグもしくはスマホケースにリメイクすることができます。
帯はきちんとした生地で作られているのでバッグ等のリメイクに向いています。

 処分する方法として、引き取ってもらうという方法もあります。
着物買取りについては、非常に古い着物でも、保管の状況が良いもの、知名度のある作家のものなどは高い金額で売ることができる可能性があります。
査定に関してはフリーにて実行しているところが多いことから、専門買取り業者へと相談を持ち掛けてみることをお勧めします。
また、 呉服店もしくは貸衣装店などで、処分市が開かれることがあります。
中古品でもリーズナブルに着物が得られるということで、処分市は活況です。
日常生活で着る人は減りましたが、卒業式、あるいは成人式、結婚式などにはかかせないものといえます。
加えて外国人旅行者にも着物は日本国内の伝統を把握できると人気が高く、おみやげとして入手する人も拡大しています。

▲ ページトップへ