厳選☆中古の着物購入サイト

トップ > 着物の中古情報 > 着物を中古販売店で買うときに注意したいこと

着物を中古販売店で買うときに注意したいこと

 意外かもしれませんが、中古で販売されている着物の大半が、ほぼ箪笥で眠っていた物と考えられています。
しかし、一見きれいに見えるけれど手入れが丁寧だっただけで、実は長年着ていた形跡のあるものも少なくありません。
それらの場合、生地が弱っている可能性もあるため、買うときに注意が必要です。
例としてお尻やひざの辺りの生地は長年着ていると弱くなってしまうといいます。
そのため、長年着ていたかどうか、販売しているリサイクルの呉服屋などに確認しましょう。
顧客に対して信頼性がある店舗の場合、必ず傷や痛みがある場合には商品のタグに一言添えてあります。
販売する商品に対して正しい情報を提供することで、納得して買ってくれるお客さん向けの商品だと理解してもらうためです。
そのため、買う時には必ず生地に痛みがあるかどうかを確認してから買ってください。

 リサイクルショップをはじめとして、中古の着物を取り扱っている呉服店で取り扱う着物全てが、新品同様であるとは限りません。
経年劣化だけではなく、食べこぼしや泥のようなシミがついていることもあるからです。
もちろん誠実な店舗の場合、販売前に必ずクリーニングをしていることが大半といえます。
しかし、なかなか全てのしみが落としきれているわけでないため、「汚れやシミがある」と但し書きをつけて販売しているところも少なくありません。
但し書きにしたがって買う場合、実際に身につけるために買うのか、その着物を素材として何か新しいものを買うのかは、買う人によって異なります。
実際に身につけるために購入するのであれば、式典のような礼服として着るのではなく、あくまでも普段着として身に着けることが望ましいでしょう。

 インターネットで中古の着物を買う場合、傷や痛みがあることや、汚れやシミがある場合には明確化されているため、ある程度納得して買うことができます。
しかし、どの部分がどれくらい汚れているのかは、判断できないことも少なくないでしょう。
また、汚れているために安くなっているものも多いため、事前にある程度ネットで買うときは理解をしておくことです。
ネット上に掲載されている写真と、届いた現物の色が異なることはよくあることといえます。
そのため、着物の色であっても魅力的と感じて買っても、手に入れたときには違和感を覚える人が少なくありません。
状況を理解して買っている人が、インターネット通販での中古の着物を身に着けるのにふさわしいといえるでしょう。
インターネット上での商品であっても同じ色と見えない場合もあるため、楽しみながら買う人も少なくありません。

▲ ページトップへ